イギリスの美術館事情

イギリス・ロンドンにある世界的に有名な美術館!

アートを楽しめる人気のギャラリー!

イギリス・ロンドンには、美術史に名を残す名画(歴史的な芸術品から現代美術まで)を収蔵している美術館が多くあります。美術館を巡れば、そのことがすぐに実感できるので、できるだけ多く回ってみましょう。

古代、古典、現代、いつの時代の作品であっても、美術史に名を残す名画は決して裏切りません。

ヨーロッパ絵画の名画が集まるナショナルギャラリー、イギリスを代表絵画する作品を展示しているテートブリテン、巨大現代アートの(ピカソ、ダリなどが展示)テートモダン、イギリス現代美術に出合えるヘイワードギャラリーなど、美術館を思う存分に堪能してください。

美術館めぐりは、イギリス留学・ロンドン留学の楽しみのひとつです。

食料品、日用品

格安スーパー
テスコ、アイスランド、アスダ、ネットー、モリンズ、リドル、サマーフィールド、センズベリーは、イギリスの格安スーパーとして有名です。独自のブランド商品は特に格安なので、愛用することを心がけてください。毎月の特売日、タイムセールや均一セールなどを上手に利用してください。
チャイナタウン
お菓子やジュースなど、品揃えはスーパーなみに豊富です。賞味期限切れ間近の商品は超おトクです。

ストリートマーケット
格安スーパーやチャイナタウンより安いところがあります。ただ、業務用のように量が多いときがあるので、その時は友達と一緒に買ってください。

 

衣料品ショップ
イギリス国内に支店を持つプライマークは、下着からカジュアルウェアまで、男女を問わず幅広い商品を取り扱っています。若者たちに人気が高いカムデンロックマーケットは、古着などで知られ、週末は多くの観光客が訪れます。

生活

家賃
留学生の代表的な宿泊先、フラットシェアやシェアハウスがおトクです。ホームステイ滞在は、少し割高になります。

 
 

交通費
学生割引のオイスターカード(Oyster card)を利用すれば、交通費が30%おトクになります。基本的な移動は、地下鉄(チューブ)ではなくバスを利用します。ただ、60分以内の距離は節約&健康のために歩くことを心がけてください。

電化製品
留学生が帰国する際に処分する帰国売りを利用します。テレビ、ミニコンポ、炊飯器などが半額以下の料金です。

国際学生証(ISIC)
美術館博物館、映画館などの入場料が割引(または無料)になります。航空券などのチケットも学生割引で買えます。

 
 

クレジットカード
使い過ぎてしまう可能性があるし、手数料や為替レートのことを考えると、証明書代わりとして役立ててください。

国際電話
国際電話のカードを利用すれば、宿泊先の固定電話、公衆電話や携帯電話からの通話料を安くできます。ヨーロッパ旅行をしたときでも使用できます。

携帯電話
毎月の基本使用料が無料になっていて、通話した分の料金だけ支払うプリペイド式のタイプがおトクです。毎月の支払を設定しておけば、友達との長話で使いすぎる心配もありません。

教科書
留学生が処分した教科書を古本屋で買えば、半額以下の料金です。日本の雑誌や漫画本も見つかるかもしれません。

 
 

試供品
スーパーの日用品売り場などで、新商品のキャンペーンを見つけたら、サンプル品はもらってください。

飲料水
ペットボトルに水を入れて出かければ、飲み物を買わなくてすみます。格安スーパーなどで、大きいサイズのミネラルウォーターを買っておいてください。

 

冷凍保存
ご飯やおかずを多めに作り、残った分を1回分ずつ小分けにして冷凍しておきます。食べたいときに解凍して食べれば、食事の準備を毎日する必要もありません。

食パン
常温で数日間おいておくと、乾燥したりカビが生えて無駄にしてしまいます。小分けにして冷凍すれば長期保存が可能です。食べるときは冷凍のまま焼いてください。

 

水道水
使用した食器は水に漬けておくと汚れが落ちやすくなります。洗うときに使う水の量を節水することができます。

 

電気
電化製品はコンセントを差しているだけで放電しています。使用していないときは、コンセントを抜くようにしてください。

食事
日系の飲食店でアルバイトをすれば、まかないというかたちで食事がでます。お店によっては、残った食べ物を持ち帰れたりします。大入りやお客さんからのチップも期待できます。

カットモデル
広告を見て電話をすれば、髪型が自由にオーダーできるカットモデルになれます。プロの美容師にカットしてもらい、料金は無料です。

 
 

サッカーの観戦
試合をテレビで観たいのであれば、デパートの電化製品売り場に行くこと。パブもいいけど、飲食代が必要になります。
劇場でオペラ
レスタースクエアのディスカウント・ショップで格安に買えます。通常の半額以下の料金です。

ヨーロッパ旅行
ユーロスターや格安航空会社を利用すれば、料金は£20〜です。宿泊込みでも、料金は£40〜です。
美術館や博物館
ナショナルギャラリー、テートブリテン、テートモダン、ビクトリア&アルバート美術館、大英博物館、自然史博物館、科学博物館などの入館料が無料です。
イベントや展覧会
国立劇場のロビーで開かれるコンサートの夕べ、ロイヤルフェスティバルホールでのランチタイムジャズ演奏、コインストリートのサマーフェスティバルなどが無料です。

 

その他(アドバイスなど)

 飲食店

  • ロンドンは多国籍料理の店が多いので、食にはあきない。チャイナタウンの中華料理、本格派のインド料理など、一流のシェフが作っているので美味しい。
  • 中華料理の食べ放題は、女性に大人気!
  • お店の人に会計することを伝え、伝票を持ってきたら、自分の席で会計をする。チップはいりません。
  • イギリスの料理を安く食べるなら、パブがお勧めです。飲み過ぎないようにしてください。
買いもの

  • 営業時間はもちろんのこと、お総菜などを割引きする時間帯もチェックしてください。
  • ストリートマーケットで目当ての物が見つかったら、割引きの交渉をしてください。笑顔を忘れないように!
  • 洋服を試着する時は、必ずお店の人に断ってください。
カルチャー

  • ロンドンはミュージカルや演劇のメッカなので、チケットは余裕を持って購入してください。格安チケットを利用してください。
  • プレミアリーグ(サッカー)は、Jリーグとは違う熱狂的な雰囲気を体験できます。
  • パブはイギリス人の生活に密着していて、ネイティブと気軽に交流できます。
チェック
イギリス留学は人生を豊かにしてくれるもので、将来の自分にとって大きなプラスになることは間違いありません。節約術を参考に充実した留学生活を過ごしてください。